初心者さんはサイト(ブログ)数を増やさない方がいい?

サイトアフィリエイトの移り変わり

私がアフィリエイトを始めた何年も前の頃は、

「とにかくたくさんのサイト(ブログ)を作りましょう」

という手法がほとんどでした。

 

5記事から10記事くらいのミニブログを、

無料ブログで量産したりしましたね。

 

「被リンク」も、質より量だったので、

バックリンク用のブログもたくさん必要でした。

 

サイトを大量に作る事が重要視されていたので、

記事もツールで大量に書いた日本語がおかしな

文章のサイトもたくさん検索結果に出てくるような時期も

ありましたね。

 

そんなサイトは、「ゴミサイト」と言われたりして、

今はそんなサイトが上位に来ることは、かなり少なくなっています。

 

検索エンジンは、

検索ユーザーに役立つサイトを上位表示するように、

どんどん進化をしてきていますので^^

 

あなた自身が何か困った時、情報がほしい時に、

検索して上位にでてきたサイトを見ても、

探していた答えが得られないサイトばかりだったら、

嫌ですよね?!

 

だから、今後も『検索ユーザーに役立つサイト』

目指していく方向性は大切だと思いますよ^^

 

 

現在のサイトアフィリは、どちらかと言うと

1サイトをじっくり育てる資産ブログを作る手法が多くなってきています。

 

1ページだけの「ペラサイト」や「ミニサイト」が

全く稼げないというわけではありませんけどね。

 

資産ブログが初心者さんに向いていると思う理由

 

まだ、作業をした事がない初心者さんだと

やる事は理解していても、精神面までは実感できませんよね。

 

まず、1つのブログを作るための作業をあげてみます。

 

 

  商品選定 (ジャンル選定)

  キーワード選び

  サイトタイトル決め

  記事タイトル決め

  ブログ説明文

  ブログ開設作業

 

という感じで、1つのブログを作るたびに、

この6つもの作業が必要になるんですよね。

 

これを、ミニサイトの場合、何個も作っていくわけです。

 

なので、最初のうちはいいんですが、

3個、4個、5個・・・・と増やしていく事が、

だんだん大変になってくるんですよね><

 

まあ、今は「無料ブログ開設ツール」もあるので、

ブログ開設の作業はかなり楽にもできるんですが。

 

いつしか、途中で作業をやる手が重くなってきたり、

精神的に続かなくなる方も多いという事が、

これまでのサポートなどでも感じているんです。

 

 

そして、

1つのサイト(ブログ)を育てていく方法の場合ですが。

 

下記の二通りのやり方があります。

 

・ジャンル(テーマ)を決めたブログ

・ごちゃまぜブログ

 

 

このような資産ブログを育てる手法の場合は、

ブログ開設の作業は最初だけでいいですよね。

 

そして、後は記事を1記事ずつ書いていくだけ。

 

だから、何度もブログ開設作業を繰り返す手法よりも、

挫折者が少ないんですね。

 

もし、途中で本業が忙しくなってやめてしまったり、

モチベーションダウンしてやめてしまっても、

 

 「 また、いつでも再開できる 」

 

というのも、初心者さんにおすすめの理由です。

 

 

  商品選定 (ジャンル選定)

  キーワード選び

  サイトタイトル決め

  記事タイトル決め

  ブログ説明文

  ブログ開設作業

 

上記の6つの作業をやるとしても最初だけ。

ごちゃまぜブログなら、最初は下記の3つの作業でOKです。

 

  サイトタイトル決め

  ブログ説明文

  ブログ開設作業

 

あとは、毎日、キーワードや商品などを選定して、

1記事ずつタイトルを決めて記事を投稿していくだけ。

 

1日1記事ずつ、コツコツと続けられるんですね^^

 

そして、記事が増えていく事でブログのパワーが強くなる。

 

キーワードが増える事で、アクセス数も増えていく。

 

だから、初心者さんでもアクセスを集めやすいブログが、

難しいテクニックがなくても作れるんですよ。

 

・挫折しにくい

・更新をやめてしまっても、いつでも再開できる

 

これが、私が初心者さんに資産ブログをおすすめする理由です。

 

もちろん個人差もあります。

 

その方の性格によっては、ブログを量産する事が、

得意というか、できちゃう方もいらっしゃいますからね。

 

ここまでの記事を読んで、あなたに合うのは、

 

資産ブログか、

ブログ量産なのか、

 

少しでも参考になればいいな・・・と。

 

やってみないとわからない、という場合ももちろんあります。

 

わからないなら、まずはどちらか決めて、

やってみるしかありません^^

 

とにかく、やらないと何も始まらないので、

あなたがやってみたい手法の教材を実践して下さいね!

 

コメント